手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 1話 ネタバレ。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

↓会員登録ナシ&無料試し読みで読むなら画像をタッチ↓


↑無料即読みは画像をタッチしてブッコミへGo!↑

大人気エロ同人、チンジャオ娘と小桜クマネコが手掛けた

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 1話 娘がただのメスになった日のどこよりも詳しいネタバレと感想を紹介します!

 

溺愛してきた娘は赤の他人とわかった父 中村は、

手塩にかけた娘を手篭めにする!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ブッコミだけで先行配信!!

もちろん、無料試し読みと面倒な会員登録なしで読むこともできちゃいます^^

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話 ネタバレ



陽葵の父、

中村俊樹は大手ソフトウェア企業でシステムエンジニアをしている。

 

顔も痩せこけ、パットしない男だった。

 

勤続20年にしてやっとグループの主任になったばかり。

 

他の若い奴らと違って、優れた才能や飛び抜けたものなど何一つなかった。

 

しかし、他のやつらと違って中村にとっての大事なのものは、

 

手塩にかけて育ててきた娘の存在であり

 

それだけで十分だった。

 

 

会社での飲み会や祝賀会に誘われても、そんなものに目もくれず、

娘の待つ家に帰宅する日々。

 

幼い頃から大事に大事の育ててきた愛娘の陽葵は、

 

アイドルのセンターをはれるくらいカワイイ娘で、芸能事務所からも声がかかるほどだが、

今はバドミントンに力を注いでいるため、そのようなものは断っているほどだった。

 

 

そんな娘、陽葵は、父親の中村には全く似ていなかった。

 

そのことにずっと違和感を感じていた父 中村。

 

父は妻には内緒で娘との関係をDNA鑑定に出すのだった。

 

帰ってきた結果は・・・・

 

なんと、

 

0.00%親子関係にあらず。

 

という判定だった!!

 

父であった中村は男に豹変した。

娘はもう娘ではなかった。男 中村にとってタダのメス豚だ。

 

学校から帰ってきた娘 陽葵を押し倒し

 

胸のオッパイをポロリ。

 

嫌がって泣きながら抵抗する陽葵・・・

 

彼女は育ちがかなり良かったが思っていた以上の巨乳で、

Iカップはあろうオッパイは

 

マシュマロのようなやわらかさで、

 

張りのかる太ももとお尻とピチピチの肌・・・

 

男となった中村は、赤の他人である

 

陽葵の巨乳をもみ、乳首に吸い付く。。

 

陽葵のパンティーの上から指でアソコをグチュグチュと刺激すると

陽葵のアソコはヒクヒクしだす・・・

2話のネタバレ感想へ

会員登録なし&無料試し読み
BookLive!コミックはコチラ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 1話 感想



チンジャオ娘のストーリーと、

小桜クマネコの絵は本当に素晴らしい!の一言でした。

 

まず巨乳と張ったお尻と太もものバランスが良い♪

 

デブではなく、ピチピチガールなんですw

 

こんな娘が四六時中そばにいたら、

 

むちゃくちゃヤバイですね・・・!

 

父である中村も・・・

 

DNA鑑定しなければいけないほど、

 

知りたかったのだろうか?と疑問に思いました。

 

娘として溺愛しているのであれば、そのままそっとしておいても良かったはずなのに

 

わざわざ鑑定にだしたのです。

 

 

もしかして、心のなかでは親子じゃないということは薄々気づいていて(妻の交友関係情)

 

手元においてある娘を赤の他人としてあえて評価したかったのじゃないかな?

 

なんて思ったりもしました。

 

第2話のネタバレ感想の詳細はこちらの記事をどうぞ。